後遺障害について

自動車を運転していて後ろから追突された、車同士で事故を起こしてしまったなどした場合、その時は身体に痛みがなくても後日異変を生じることがあります。
首や腰が痛くなったり、目が見えにくくなってしまったりという後遺症が残ってしまうことは多く、その被害に苦しんでいる方は少なくありません。


主に後遺症とは交通事故などのあとに怪我などが完治してもなお残ってしまった神経症状や機能障害のことを指します。
また、似たような言葉に後遺障害というものがありますが、後遺症と後遺障害とではやや解釈が異なります。
後遺障害とは将来的にその症状が回復する見込みがないと判断されるものを指し、その症状を引き起こした原因が交通事故などにある、つまり因果関係を認定された後遺症のことを指します。


後遺障害は労働能力の低下や喪失を伴うものであり、等級別に分けられています。
症状の程度により等級が分けられており、等級に準じて賠償金が支払われたり保険金が支払われたりします。
等級認定は損害賠償の基礎となる部分ですから適性に評価されないといけません。
いくら後遺症が残っていたとしても適正な等級認定を受けることができなくては納得いく補償をして貰うことができないのです。


現在では重い後遺障害にのみ焦点があてられることが多いですが、当サイトでは軽い後遺障害について情報をまとめています。
興味のある方はどうかこのサイトを最初から最後まで目を通してみてください。


<注目サイト>
交通事故で後遺症が残ってしまうこともあります。その際に慰謝料請求などのサポートをしてくれる法律事務所です ⇒ ⇒ 交通事故 後遺症